コウのAC艦隊運用術・改三

【AC】重巡の弾着観測射撃考察 ※1/8更新

time 2019/01/08

【AC】重巡の弾着観測射撃考察 ※1/8更新

 

sponsored link

弾着観測射撃とは?

特定条件下で発動する特殊攻撃で敵艦に強力な2回攻撃を叩き込む事が出来ます、詳細はこちらの記事をご覧下さい→弾着観測射撃まとめ

 

重巡で弾着観測射撃を狙う事の利点

手数が増える

一度に2回攻撃するので当然手数が増えます、特に初撃の0.6倍でも装甲が抜けるほど脆い相手に対してはかなりダメージ期待値が大きくなります、そういった相手には有効ですね!

対地火力の向上

装備が固定化しますが主砲をおろした分の火力を三式弾でカバー出来るため、陸上型深海棲艦に対しては弾着観測射撃の分だけダメージが向上します

射程の延長

現状そこまで大きな利点ではありませんが、こちらの効果も一緒に得られます

 

欠点

基本的な火力が落ちる

水上機が必要になるのでその分主砲が積めなくなり弾着観測射撃(2回目)以外の砲撃が全て弱くなります、南方棲戦姫のような若干固めな深海棲艦には従来の装備(主主主副)よりも不利です

陸上型深海棲艦が相手の場合はその分の火力を三式弾特効でカバーできます、ただし夜戦では弾着が出せないので水上機の分劣化するので注意

空母がほぼ必須になる

制空値0の艦隊には航空巡洋艦でも簡単に制空権を確保出来ますが、基本的に瑞雲で稼げる制空値はたかが知れてますので多くの場合は艦戦や彩雲を積んだ空母が必要になります

砲撃の出来ない空母は同時砲撃に関与しない上に先ほどのも含め夜戦火力が大幅に劣化、下手に使うとトータルの火力はかなり下がってしまいます

空母1隻でも同時砲撃補正が5%下がるので、制空権を確保するのに空母が2隻以上必要になる場合は素直に弾着を諦めた方が良いと思います

触接が安定しない

現在触接を100%成功させる方法は存在しません、触接する機体を増やす事である程度の対策は可能になっていますが…

 

制空要員の空母について

加賀改:爆戦、烈風改、震電改、彩雲

※制空値171(防空時154)

1隻で稼げる制空値は大体このくらいが限界、ヲ級flagship×2までの相手から制空権を確保出来ますね、カウンターの場合は制空値140程度までなら確保が可能

他の空母を使用したりイベント限定装備が無かったりするともっと少なくなります、紫雲などの触接機を揃えているなら彩雲の枠を艦戦に変えても大丈夫でしょう

後は攻撃機が必須である点に注意、空母に攻撃機を乗せず航空巡洋艦に瑞雲を乗せるという選択肢もありますが、この場合は全滅に要注意です

 

編成例

空母1、重巡系5

編成はほぼ一択ですが縛り等あればこの限りではありません、空母の装備に関しては敵制空値によって調整して下さい、空母1で制空が取れないのであればそもそも弾着編成は非推奨です

重巡系の装備は主砲or副砲から2~3つ&水上機1は必須、陸上型に対しては三式弾を積みましょう

 

重巡の弾着観測射撃結論

とてもじゃないですが現状重巡で弾着を狙うべきではないですね

ブラウザ版では空母が強かったり夜戦連撃との兼ね合いもあるから積極的に使えますが、AC版ではデメリットが痛過ぎてほとんどの場合は割に合わない印象です(汗)

ただ対陸上型に関してはそれなりに有効でした、制限等を考慮して組み込めそうなら弾着観測射撃を狙ってみても良いでしょう!

追記

新しくアプデ&検証の影響も考慮した考察記事をupしました、よろしければこちらもご覧下さい→重巡弾着の再考察

 

ではノシ

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

コウ

コウ

神奈川県某所に生息する艦これACガチ勢、ただの考察大好きマンです

攻略情報

攻略プレイ動画集

イベント情報(準備中)